子供の命名の時によく利用する姓名判断って意味あるの!?

全ての出来事は陰と陽と出来ている

子供の命名を考える場合、姓名判断で考える事もありまして、子供の名前の運勢に疑問を持つ人がいますよね。全ての出来事は、陰と陽とで出来ていると言う東洋思想から来ている物です。命名にも陰陽の法則が働き、影響を与えると考えられています。陰とは抑える意味があり、陽とは、その反対の興奮などを与える内容です。例えば、山田さんであれば、山は動かない陰が強く、田は、四角く固い陰が強く現れまして、陰陽で考えた場合陰の要素を強く受け持っている事が分かります。

姓名判断は画数による物と意味を持たせる二つの内容

漢字の意味で言えば、理解できる物ですが、画数においては理解できない人もいますよね。画数はには、奇数と偶数と言う陰陽の仕組みがあります。又、画数が多い、少ないによっても陰陽の差が現れる物です。陰陽と言う物は、バランスが重要だと言われています、例えば、山田太郎さんと言う名前と山田一さんを比べた場合、後者は、苗字は二文字、名前は一文字として陰陽のバランスが整って良い印象を与える事が可能になります。山田は画数が8、一は画数が1となり、山田は、偶数を現す陰と現し、一は、奇数を現す陽としてバランスが良く、太郎ですと12となり、陰と陰で固い印象を与えてしまいます。

子供の命名は、姓名を考えた内容が重要

子供の命名と言う物は、毎年、人気ある名前がありまして、一般的に、命名を考える人の多くは名前のみで選んでいますよね。本人を現す名前とは、姓名と名前を組み合わせた物です。この両方の視点を持って考える事が大切であり、例えば、梅と言う名前に人気がありましても、姓名が鰻さんであれば、鰻梅となり、お腹を壊してしまいそうですよね、これは、迷信ですが、物事には必ずと言って相性と言う物があります。この様な内容は、理屈も含まれている物であり、理性が強い男性的な考えです。現在は、女性の方が命名の権限を強く握っている人もいるため、この様な情報を得た上でじっくりと子供のために考える事が大切と言えるでしょう。

姓名判断というのは占いのひとつであり、その個人の名前によって人間の人生や運命を判断するというものです。