中古車を買う時の3つのポイントについてお話します

中古車を買う時はボディーを見ます

中古車を買う場合には、その車のボディーをチェックします。ボディーに傷がないかどうかを確認して、タイヤに傷や劣化がないかも確認し、そして、タイヤの山にも注意が必要になります。また、ドアが全部スムーズに開くかどうかも確認し、ボンネットやトランクルームも同じように確認します。窓ガラスにヒビなどがいっていないかどうかも確認するようにします。あとは、ヘッドライトやウインカーのカバーのわれなども確認すると良いです。

中古車を買う場合にはエンジンをチェックします

中古車を買う場合には、その車のボンネットを開けて、エンジンルームのチェックをします。まずは、エンジンの汚れの状態を確認して、配線や配管の状態も確認し、そして、エンジンを始動してみます。一回の操作でエンジンがかかれば、バッテリーには問題がない事になります。そして、アイドリング状態からアクセルを踏み込んで、エンジンの回転数がスムーズに上がるかどうかを確認します。また、エンジンのオイルの状態や、ラジエターの冷却水の状態、それにブレーキオイルやバッテリー液の量の状態を確認すれば良いです。

中古車を買う場合にはその車の内装をチェックします

中古車を買う場合には、その車の室内をチェックし、室内では、メーターに記録されている距離数をまずチェックします。距離数が表示されている距離数と合っているならば、それで良い事になります。また、室内のライトの状態を確認して、計器類のバックライトの状態なども注意する必要があります。室内では、シートに汚れがないか、タバコの焦げがないかなどの確認も必要になります。そして、エンジンを始動して、ウインカーなどのライト類が正常に動作するかも確認すれば良いです。

ボルボの中古車の場合、比較的購入しやすい価格設定となっているので、新車では手が届かない場合でも手に入れることができます。